オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
窓辺に赤いソファー

発泡ウレタンとは建築の際に断熱材として使用される建材の事です。また、発泡ウレタンには硬質ウレタン、軟質ウレタン、液性発泡ウレタンが存在し、それぞれに建材以外の用途も存在します。

硬質ウレタンとは、ウレタンの樹脂にフランガス等を加えて発泡させ、気泡によって高い断熱効果を得る素材です。発泡ウレタンといえば、主に硬質ウレタンのことを指します。
しかし、フロンガスの使用が禁止され、発泡ウレタンは減少傾向にありました。
そこでフロンガスを用いずに発泡を行う液性発泡ウレタンが開発されました。
硬質ウレタンは、建築の用途以外に船舶、車両、家具等にも幅広く使われています。
軟質ウレタンは、車両、二輪、機器、家具、インテリア等生活に関わるところで使われています。

近年開発された液性発泡ウレタンフォームは、液状の発泡ウレタンで、1液、2液と種類が存在します。
1液と2液の違いは反応と効果時間です。
2液タイプは、イソシアネートとポリオールの反応により1液タイプよりも早く硬化する事ができます。
また、液性発泡ウレタンは接着性があり、大体の素材には接着するため補修や充填剤として高い効果を発揮します。
硬質ウレタンや軟質ウレタンといった成形されたウレタンとは違い、液性発泡ウレタンは注入する形で使用することになります。
液性発泡ウレタンは通常の発泡ウレタンタイプと違い断熱性の面では劣ります。しかし、難燃性の液性発泡ウレタンも存在しますので用途に合わせた断熱材の選択ができます。

硬質ウレタンはカビや耐薬品性、防水性において高い耐性を持ちます。
太陽、使用環境によって左右されますが、断熱材として利用するなら長時間の仕様ができます。
また、硬質ウレタンはシックハウス問題に係る制限を受けずに使用できる材料です。
軟質ウレタンは硬質ウレタンよりも耐久性には劣りますが、その柔らかい性質を応用した利用方法等が存在します。

カレンダー
2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930